スポンサードリンク

宅建とは

宅建テキストは、いろいろな出版社からたくさんの種類がでています。〝宅建テキスト〟の「宅建」の正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。これは医師や弁護士、あるいは税理士のような国家資格のひとつです。
この宅地建物取引主任者の資格は不動産を扱う事業所に必要な資格で、一つの事業所に働く従業員のうち、5人に1人は宅建の資格保持者でなければならない事になっています。従って、宅建の資格を持っていれば不動産業界で有利に就職できる上に、国内では平均して1~3万の資格手当がもらえるようです。

宅建'09 本試験合格直結講座(C.全コース(A+B))  宅建'09 本試験合格直結講座(B.合格予想答練(模試含む)のみ)

宅建は誰でも受験できる国家資格

宅建は国家資格の中でも、大変人気のある資格ですが、その理由は就職に有利というだけでなく、〝受験資格に特別な条件がない〟という点です。1994年までは〝高等学校卒業程度の学力〟という条件がありましたが、規制緩和でそれも撤廃され、宅建は年齢・性別・学歴・実務経験など、一切関係なく誰でも受験できる国家資格なのです。しかも試験はマークシート方式の筆記試験のみですので、ある意味〝まぐれでも合格できる資格〟ともいえますが、さすがに〝国家資格〟である宅建は、そう簡単に合格できるものでもなく、合格率は15%程度で推移しています。
そんな宅地建物取引主任者ですが、やはり受験資格に制限がない事で、趣味で資格を取ろうとする人から、不動産業界を目指す人、あるいはすでに不動産業界に身をおいて、スキルアップを目指す人まで多く人が、日々宅建の資格取得を目指して、独学や通信教育などを使って勉強しています。その勉強に使うのが宅建テキストです。

自分のレベルにあった宅建テキスト選び

宅建は年間の受験者数が20万人程度という、人気資格ですから、そんな〝需要〟に対して、宅建テキストも多くの教育会社や出版社が発行していまして、どの宅建テキストがいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。ユーキャンなどのテキストや問題集を総合的に提供してくれる通信教育であれば、悩まずに済むかもしれません。しかし、こうした一括の通信講座は、それなりに費用が掛かります。独学で宅建テキストや問題集を買い揃えて勉強をすれば、書籍代は全部合わせても、1万円から2万円の間で納まるはずで、うまく宅建テキストを選べば、1万円も掛からないかもしれません。
宅建テキストの選び方は、値段が高ければ合格率が上がるというものでもありません。重要なのは自分のレベルに合っているかどうかです。宅建という資格は住宅や不動産の公正な売買に関する資格ですので、法律に関する知識が必要です。いきなり上級者向けの宅建テキストを読んでもチンプンカンプンで、受験する気さえなくなってしまいます。宅建テキストの選びは、まず自分が読んで理解できるレベルのものであるというのが、一番のポイントでしょう。

宅建テキスト